こんにちは、上尾医院、視能訓練士の小菅です。

今年入社したばかりの新人ですが、皆様の眼の健康の為に、日々検査を行っております。

これからよろしくお願い致します。

さて、そろそろ本格的に真夏日が近づいてまいりました。

先日釣りをしに大黒ふ頭に行きましたが、とても暑かったです。

これから気温も上がり、熱中症にも気をつけていかなければなりませんね。

実はこの季節になると、ある眼の病気が多くなるのを皆さまご存じですか?

それは『流行性角結膜炎』と言います、『はやり目』と言うと皆さま一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

数ある結膜炎の中でもとても感染力が強く、アデノウイルスというウイルス感染によって一週間の潜伏期間を経て発症します。

症状としては多くの涙とネバネバとした目ヤニ、結膜の充血、異物感、リンパ節の痛みが生じます。

細菌性の結膜炎であれば点眼薬で2~3日で治るところ、厄介なことにこちらは治るのに2週間程かかります。

特に一番気をつけなければならないのが、他人への感染です。

感染力が非常に強いため、学校でも法によって治るまで休んでいただくと定められているほどです。インフルエンザと同じですね。

もしかかってしまった場合は、手洗いは徹底するようにし、なるべく共同生活は避けましょう。

ご家庭では感染者の使ったタオルなどは分けていただき、入浴も感染者の方が最後に入るなど注意して生活しましょう。

周りの方で上記の症状の方はおられますか?

お子様は目を痒がっていませんか?多量の目ヤニが出ていませんか?

普通の結膜炎だから平気だろう、ただの花粉症かもしれない…。

それは、もしかしたら『流行性角結膜炎』かもしれません。

誰かに感染してしまう前に、自分の眼の為にも、メヤニが多いと思ったらすぐに受診しましょう。

眼の健康を維持して、今年の夏を健やかに過ごしましょう。

上尾医院 小菅