眼鏡処方について

 

こんにちは!上尾医院の木内です。

梅雨真最中!夏がそこまで来てますね☆

暑い日が続きますが、体調に気をつけつつ、夏を存分に楽しみましょう!!!

僕の夏の予定は、近々BBQを予定しているので今から楽しみでなりません!!!

 

※こちらは昨年の写真です(笑)

 

 

 

さて今回は眼鏡処方についてです。処方箋発行までの流れを説明します。

□ まず幾つか機械での簡単な検査を行ないます。

□ 実際の視力測定をしていきます。

□ 視力測定後、日常使用に適正な眼鏡度数を合わせていきます。

□ その後、検査した眼鏡の度数で問題ないか、数分掛け慣らしをしていきます。

(実際かけてみて見えづらさを感じたり、頭痛や吐き気などがある場合は度数を再度調整していきます。)

□ 掛け慣らし後、問題がなければ医師の診察を受けて頂きます。

□ 医師が診察を行い、目に問題がなく、掛け慣らしをした度数も問題がなく、医師より処方許可が出たら、

処方箋の発行をするという流れとなります。

(※視力が出づらいまたは目に何か症状がある場合は、先に診察になることがあります。

医師の判断により処方不可または、精密検査や治療を優先し処方見送りとなる場合もございます。)

遠くが見えづらくなった!近くが見えづらくなった!遠近両用を試したい!最近見えづらくなった!持っている眼鏡の度数が合わない!などありましたら当院をご受診ください。

なお、眼鏡処方箋は処方日より30日が期限です。30日以内に眼鏡店での作成をお願いします。

眼鏡店の指定はございません。全国どちらの店舗でも使用可能です。

 

 

 

上尾医院 木内