花粉によるアレルギー性結膜炎

こんにちは。 上尾院、大久保です。

花粉の季節がやってきましたね。

花粉によるアレルギー性結膜炎について、お話します。

*花粉による目のアレルギー

花粉が目の粘膜に接触することでアレルギー症状が現れ、毎年、樹木や草花の花粉が舞う季節に繰り返して起こります。原因となる花粉の種類によって発症する季節が決まっているので、季節性アレルギー性結膜炎といわれます。

*症状は・・・

目のかゆみ、充血、目が腫れる、涙、目やにが多くでることもあります。目をこすってしまうとさらに症状が悪化し、結膜や角膜を傷つけ、目がゴロゴロしたり、かすんだり、まぶしく感じたり、痛みがでたりします。まぶたの裏にぶつぶつができることもあります。

*花粉の飛散

季節性アレルギー性結膜炎の原因となる植物は約60種類といわれますが、風によって花粉が運ばれるという共通点があります。日本は南北に細長く、土地によって花粉症の原因植物は異なり、花粉の飛散時期もさまざまです。スギ花粉は日本列島の南方で2月上旬から飛散しはじめ、気温の上昇にともなって次第に北上して4月中旬まで続きます。

*代表的な原因植物

スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなどです。

*治療は・・・

悪化しないように対症療法として、抗アレルギー点眼薬を使用します。

症状が強い時期には、ステロイド点眼薬を併用することがあります。ステロイド点眼薬は非常に強力な症状の改善効果を示しますが、副作用もありますので医師の指示に従って下さい。

*生活上の注意点・・・

・外出時、マスク、メガネを着用しましょう。帽子、スカーフ、コートを着用して家に入る前に脱ぎましょう

・コンタクトレンズを使用している方は、花粉飛散時期には可能な限りコンタクトレンズの使用を控えましょう

・たばこやお酒、刺激性の強い香辛料などの摂取は控えめにしましょう

・ファストフードや加工食品の取りすぎに注意し、バランスのとれた食生活を心がけましょう

これらの事を参考にして頂き、嫌な花粉の時期を乗り切りましょう

おおたけ眼科上尾院  大久保