色覚異常

 

こんにちは!上尾医院の木内です。

もう今年も終わってしまいますね(´・ω・`)

皆さんはクリスマスをどのように過ごしましたか?

16-12-27-16-51-07-050_deco

 

 

 

 

 

僕は今年ボッチにならないですみました(笑)

さて今回は色覚についてです。

学校検診で色覚異常の疑いの指摘をうけ、眼科に来る患者様が増えております。

まず色覚異常とは

色覚の異常には、先天性と後天性があります。先天性の場合は原因が遺伝的なものなので、現時点では有効な治療法がない一方、色覚異常の程度は変化せず、また色覚以外の視機能は問題ないことがほとんどです。

後天性の場合は、なにかの病気(緑内障や網膜の病気など)の一つの症状として、色覚に異常が現れます。ですから色覚以外の視力や視野にも影響が出たり、病気の状態によって色の見え方が変わることがあります。

 

【 判別がつきにくい色 】

赤と緑、オレンジと黄緑、緑と茶、青と紫、ピンクと(白)・灰色、緑と灰色・黒です。

1型色覚(1型2色覚と1型3色覚)の場合これに、赤と黒、ピンクと青が加わります。

 

もちろん色覚に異常がある人のすべてがこれらの色を間違える(誤認する)わけではなく、一つしか該当しない人もいれば、ほとんどすべてがあてはまる人もいます。また、同じ人がいつも同じように誤認するのではありません。

 

【 色覚異常の割合 】

先天色覚異常は男子の約 5%(20 人に 1 人)、女子の約 0.2%(500 人に 1 人)の割 合にみられます。

 

【 色覚異常の場合注意しなくてはいけない事 】

鉄道運転士、染色業、塗装業、滴定実験を伴う業務、色調整・色校正が伴う業務については異常3色覚であっても就業が困難とし、パイロットや鉄道・航空関係の整備士、商業デザイナー、警察官、看護師、獣医師、カメラマン、食品の鮮度を確認する作業が伴う業務、美容・服飾関係の業務については2色覚での就業が困難としている。また、医師や薬剤師、理容師、電気工事士、教師などについては本人の努力が必要としている。

 

学校検診などで指摘があった場合こちらでも色覚検査は出来ますのでお気軽に来院して下さい。

 

当院は12月29日(木)の午後より年末年始休みとさせて頂きます。

年明けは1月5日(木)よる診療開始致します。

 

では皆様よいお年をお過ごしください。

上尾医院 木内