診療内容

ICL近視矯正とは

 

ICLご希望の方は完全予約制となります。(カウンセリング含む)

 

ICLとは

眼内コンタクトレンズ視力矯正は、角膜を削らずにレンズも目の中に入れて視力を矯正する方法です。
インプランタブルコンタクトレンズを略して「ICL」またフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)と呼ばれます。

眼内コンタクトレンズなら、角膜を削らないので角膜の形がほとんど変化しません。
また、光学部が大きく確保できるため、夜間に問題となるハロー・グレアの抑制が期待できます。

 

眼内コンタクトレンズ治療の歴史

1978年から眼内コンタクトレンズの開発が始まり、現在の眼内コンタクトレンズの治療は、1997年に欧州、2005年に米国で承認され治療がスタートしています。
国内では2003年から治療が始まり、2010年に承認され一般に治療が始まりました。

 

ハロー・グレアとは

暗い場所で明るいライトなどを見た時に、光の周りににじんだ輪が見える現象をハロー(光輪症)といい、ギラギラと光って非常に眩しい症状をグレアといいます。
症状の度合いや期間には個人差がありますが、一般的には治療後数か月で自然と気にならなくなります。

 

ICL近視矯正のメリット

 

メリット

①シャープで鮮やかな見え方が期待されます。

②ドライアイの原因になりにくいです。

③良好な夜間の見え方が期待されます。

④入院不要の治療で翌日には快適な視力回復が期待されます。

 

特徴

①レンズは黒目(虹彩)の外から見てもわかりません。
レンズは黒目(虹彩)の後ろ側と水晶体の前面の間に固定しますのでに外から見てもわかりません。
また、ゴロつきや異物感もなく目にやさしいレンズです。

 

②ずっとお手入れ不要
眼の中のレンズはくもったり汚れたりしないため、日々のお手入れやメンテナンスは不要です。

 

③目にやさしい生体適合の素材
無色透明のソフトコンタクトレンズのような素材で、有害な紫外線をカットする機能もあります。半永久的に使用可能です。

 

④将来の目の病気の治療に影響を与えません
眼内コンタクトレンズ治療のレンズは、取り外しができるため将来目の病気になった際に治療の選択肢が狭まることはありません。

 

⑤治療はだれでも受けられる
他の目の病気(緑内障や白内障など)や全身疾患のない近視や乱視の方が対象になります。
強度の近視や角膜が薄い場合も対象になります。

治療適応

 

目の形や病気、全身疾患などによって治療の対象とならない場合があります。
事前に詳しい検査を行い、目の形、状態、生活習慣など総合的に検討して治療が可能かどうを専門の医師が診断します。
また、正確な検査のためにコンタクトレンズ(特にハードレンズ)は一定の期間装用を中止していただく必要があります。
妊娠中、授乳中は、視力が不安定になることがあり近視矯正手術はできません。
また、眼内コンタクトレンズ治療は近視や乱視などの屈折の矯正を行いますが、老眼の治療ではありません。
老眼により手元が見にくい場合は近用眼鏡(老眼鏡)等を適宜使用してください。

 

 

・適応
21から45歳まで
術前等価球面度数 -6.0D以上の近視
術前円柱度数+1.0~+4.5D

 

 

禁忌 / 禁止
21歳未満
術前1年以内の屈折変化が0.5Dを超える患者
前房深度(角膜厚を除いた値)3.0mm未満
円錐角膜(円錐角膜疑い:慎重適応)
角膜屈折矯正手術歴のある患者
角膜内皮障害
妊娠又は授乳期

 

手術までの主な流れ

 

01

 

1 カウンセリング

手術前に、レンズの適応基準を満たしているかを確認するため、視力や屈折など目の状態の適応検査を行い、総合的に適応についてカウンセリングを行います。
適応の場合は、今後の詳細検査や手術日などのスケジューリングを行います。

 

 

2 詳細検査

詳細に検査を行うことにより、手術に使用するレンズの度数やサイズを決定します。

・検査項目

 

①視力検査
裸眼での視力と矯正視力を測ります。老眼の確認のため近方視力を測定することもあります。

 

②屈折検査
近視や遠視、乱視の強さを測ります。調節を麻痺させる目薬を使う場合もあります。

 

③眼圧検査
目の硬さを調べ緑内障の可能性がないか診察します。

 

④角膜内皮細胞数
角膜内皮細胞数や形状を調べ角膜の健康状態を確認します。

 

⑤各膜厚検査
角膜の厚みを測定します。

 

⑥角膜径検査
レンズサイズ計測のため角膜の直径を計測します。

 

⑦前房深度検査
手術が安全に行えるスペースがあるか、角膜と水晶体の間の空間の距離を測定します。

 

⑧瞳孔検査
目薬で瞳孔を拡大させたときの瞳孔径や明所・暗所での瞳孔径を測定します。
開いた瞳孔が元に戻るまでしばらく時間がかかります。

 

⑨角膜形状解析
角膜の形状を詳細に解析し不正乱視や円錐角膜の診断をします。
必要に応じてその他の検査も行います。

 

コンタクトレンズを装用している場合は、 角膜の形状変化を取り除き正確な度数を測定するため、一定の期間装用の中止が必要です。

 

ハードコンタクトレンズ 約3週間
乱視矯正ソフトコンタクトレンズ 約2週間
ソフトコンタクトレンズ 約1週間

手術の概要

 

ICL

 

 

手術終了後

院内で30分程度お休みいただいた後、目の状態を診察し問題がなければお帰り頂きます。
傷口が小さいく回復が早いため、入院不要で日帰り手術が可能です。

 

手術後の生活

見え方について

視力の変動
手術後1週間ほどは、炎症などで視力が変動することがありますが、回復とともに改善します。

ハロー・グレア(光の輪)
夜間や暗い中で光を見た時に、眩しさを感じる場合があります。
通常は徐々に気にならなくなりますが、この症状が残る場合はご相談ください。

 

一般的な症状

異物感、充血、かすみ:傷口が治癒し、炎症が収まることで時間とともに自然に改善します。

 

まれにおこる合併症

・レンズ位置のずれ
  手術後の検査でレンズの固定位置がずれていたりレンズの大きさが適切でない場合はレンズの再固定や入れ替えを行うことがあります。

 

 ・度数ずれ
  手術前に予想した屈折度数とずれが大きい場合はレンズの入れ替え等を検討する場合があります。

 

 ・白内障
  レンズに起因する水晶体の白濁が観察された場合はレンズを取り出し白内障手術を行い視力を改善します。

 

 ・緑内障
  レンズに起因する眼圧上昇がみられた場合は薬や追加処置を行います。

 

 ・眼内炎
  
極めてまれですが細菌が目の中に入ることにより眼内に炎症が生じることがあります。
  抗生剤や消炎剤で対応しますが、程度によってはレンズを取り出すことがあります。

 

 

注意事項

 ・医師の指示に従って点眼薬・内服薬を使用して定期検診を受けてください。
 ・手術後にしばらく見え方が変動し、光に過敏になることがあります。
 ・完全に回復するまでは、目を直接触らないように注意してください。また、制限事項を守るようにしてください。

 

02

 

費用

 

術前検査 5万円(税込)
片眼(乱視なし) 30万円(税込)
片眼(乱視あり) 35万円(税込)

 

お支払方法

 

※術前検査(詳細検査)時に内金5万円が必要となります。(ご返金できません)

※お支払いは、窓口で現金のみのとなります。
残金は手術当日に窓口でお支払いください。こちらも現金のみとなります。

 

ICL

 

 

当院はICL認定クリニックです

 

nintei

症状から検索

  • 目の状態
  • 目の自覚症状
  • 目やにが出る
  • 目の充血
  • 目の外傷
  • 目が赤い
  • 瞳が白い
  • 目が腫れる
  • 目がゴロゴロする
  • 目のかゆみ
  • 目のかすみ
  • 目の疲れ
  • 目が乾きしょぼしょぼする
  • 目が見えにくい
  • まばたきが多い
  • 視野が狭くなる
  • 眼前にちらちらするものがある
  • 夜になると目が見えない
  • 常に眩しさを感じる

考えられる病名

病名から検索

このページのトップへ