二重まぶた(保険適応外)

二重まぶたとはまぶたの皮膚と、まぶたの内側にある瞼板が癒着している状態を言います。癒着しているために、目を開くときに同時に引っ張られて二重のくびれができるので二重まぶたになります。

一重まぶたの場合はまぶたの皮膚と瞼板が癒着していない状態です。癒着してないので目を開いたときに瞼板しか持ち上げられません。

治療方法

埋没法と切開法の二つの施術方法で二重まぶたにすることができます。

  • 埋没法(切らない二重まぶた施術)

    まぶたの皮の下の二箇所を、体内に吸収されることのない医療用の糸を用いて固定して二重のラインを作る方法を埋没法といいます。切開する必要がないので「プチ整形」としてよく知られています。

  • 切開法(後戻りの無い二重まぶた施術)

    埋没法で後戻りを起こしてしまったり、満足の行く結果を得られなかった場合は切開法をおススメします。二重まぶたを作るために希望するライン通りに切り開き、不要な脂肪や皮を除去します。

切開法

切開法について

切開法は希望のラインにそってまぶたを切開し、不要な脂肪・不和を除去して縫合することで二重まぶたを作る手術方法です。縫合跡は二重のラインに沿って行うので目立ちません。
切開法は抜糸を行わない従来の方法と以外にも、最新の手術方法は術後に糸を抜きます。

切開法イメージ

切開法は埋没法で望む効果を上げられない方や、戻る可能性はあるのですがまぶたが分厚い方におススメな手術方法です。
手術方法は切開後に抜糸を行わないのが従来の方法ですが、抜糸をしないほう方法だと腫れが少なくなるのでナチュナルな仕上がりになります。

メリット

一番多きいメリットは埋没法と違い「二重のままでいられる」事です。
副次的な効果として埋没法よりハッキリとした二重のラインができます。
また治療にあたって不要な脂肪や皮膚のたるみも消すことができます。

デメリット

一番のデメリットは手術後の腫れている時間が長いことです。
勿論、腫れに個人差がありますが平均1~2週間ほどでした。
他にも切開法は一度、手術を受けると元に難しいとのことです。

手術費用

切開法(保険適応外) 200,000円 ※税込

※料金には手術前の血液検査、手術代(薬代)含む、翌日の消毒、1週間後の検診まで含まれています。

埋没法

埋没法について

身体に吸収されて消えることの無い医療用の糸を用い、まぶたを2箇所固定することによって二重のラインをつくりだす手術を埋没法といいます。
糸の通し方によって微調整することができるので、カウンセリングで患者さんの規模のラインを決めます。

埋没法イメージ

埋没法は二重まぶたを作り出す施術の中で一番知られ手居る方法ですが、デメリットもあります。

メリット

一番のメリットが身体への負担の低さです。糸を通すだけなので切開法と比較して短い時間で施術可能です。もし終了後の二重まぶたが気に入らなければ糸を抜くだけでラインを作り直すことができるし、手術後の腫れも切開法と比べて少ないので日常にも早く戻ることができます。

デメリット

埋没法の一番のデメリットは元の一重の状態に戻ってしまいやすいことです。近年では縫合方法にも工夫・改良が加えられて一昔前より戻りにくくなりましたが、まだまだ100%一重に戻らないと保証できません。
糸の結び目がまぶたの裏側にあると眼球を傷つける可能性があるというデメリットもありますが、これはまぶたの裏に糸を通さない縫合方法を選択するなどの工夫で解決可能です。

手術費用

埋没法(保険適応外) 100,000円 ※税込

※料金には手術前の血液検査、手術代(薬代)含む、翌日の消毒、1週間後の検診まで含まれています。

ご相談はこちらから 電話受付時間 午前10:00〜12:30 午後15:30〜19:00(水曜休診)

048-729-6257 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ