合併症について

白内障手術と、多焦点眼内レンズを使用した手術には下記のような合併症が起きる可能性が考えられます。

白内障の合併症

後嚢破損チン氏帯断裂

水晶体および、その周囲が予想より脆いと破損して断裂することがあります。これを後嚢破損といいます。術後に水晶体落ち着きしだい改めて眼内レンズをいれます。

破損のさいに水晶体を裏から吊るしているチン氏帯断裂も引き起こすことがあります。この場合、後日落ち着いてから人口レンズを挿入するかコンタクトレンズで我慢して対処することになります。

レンズ度数の誤差

挿入する眼内レンズは、患者様に最適なものをコンピューターで細かく計算したものを使用しますが僅かながら誤差が生じてしまいます。しかしながら殆どのケースでメガネで調整可能なのでご安心ください。

術後眼内炎

手術中、もしくは手術後に傷口から細菌が入り込み眼球内が化膿するケースがあります。視力か著しく低下することもあるので早期治療が大切です。

多焦点眼内レンズ特有の合併症について

手術後の合併症―グレア・ハロー

手術後の合併症―グレア・ハロー

多焦点眼内レンズは構造の関係で夜間などの暗い環境で強い光を見たときに必要以上に眩しく見えたり、光の周りにぼんやり輪がかかってみえる場合があります。これをグレア・ハローといいます。暗い環境での光の見え方は以下の写真のようになります。

これらの現象は日常生活に支障をきたすほどではないのでご安心ください。
眼内レンズも以前とくらべて改良を重ねられているので問題点はかなり解消されています。時間経過ともに症状は弱まり、慣れて気に止まらなくなります。

ご相談はこちらから 電話受付時間 午前10:00〜12:30 午後15:30〜19:00(水曜休診)

048-729-6257 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ