多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズによる白内障手術

現在、白内障手術で使用されている眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」という1つの距離だけに焦点を合わせるレンズです。これは焦点が「近くなら近くだけ」、「遠くなら遠くだけ」という風に限られた距離にのみ対応したレンズだからです。

白内障手術後は濁りがなくなり視界は良好になります。ですが、どちらか1つにしか焦点をあわせることができないため、近くのもの遠くのものも両方綺麗にくっきり見えるようになるわけでありません。

ピントを遠くに合せて手術を行った場合

ピントを遠くに合せて手術を行った場合

左の写真からもお分かりになるように、遠くの風景や時計はメガネを使わなくてもしっかり見ることができます。
しかし、携帯電話の文字など、近くのものはぼやけて見えづらくなっているので老眼鏡の助けが必要になります。

ピントを近くに合せて手術を行った場合

ピントを近くに合せて手術を行った場合

先ほどとは違い、左の写真のように携帯電話の文字など近くのものはメガネを使わなくても明瞭に見ることができます。
しかし、遠くの風景や時計を見る時には、メガネの助けがないと不明瞭です。

多焦点眼内レンズ手術の場合

多焦点眼内レンズ手術の場合

遠距離と近距離に焦点が合うように設計されている多焦点眼内レンズであれば、従来に比べて遠くも近くもメガネを使わずに焦点を合わせやすくなります。左の写真のように近くの携帯電話や遠くの時計、風景にも焦点が合うようになります。

しかし、状況次第ではメガネを併用したほうが良いでしょう。多焦点眼内レンズを使用しても若いころのように見たいところに自由に焦点を合わせることができるわけではないので、見る位置によってはメガネをかけたほうがいいこともあります。また、長時間読書する場合や、細かい文字を読むときもメガネを使ったほうが負担を軽減できます。

ご相談はこちらから 電話受付時間 午前10:00〜12:30 午後15:30〜19:00(水曜休診)

048-729-6257 メールでのお問い合わせ
このページのトップへ